小学4年生の時、文章には「表現」があることを学んだ。
アダムとエバの物語。ここから「蛇がそそのかした」、「女が男を誘った」などの刷り込みが行われた。挙句に5C、アウグスティヌスによって人間の神に従わない「原罪」論が展開されて行った。
それは「時代錯誤の誤読」と山口里子さんは言う。勇気をもって実を食べ、パートナーにも分かち合ったのだとしたら、女(エバ)への見方がまるで違って来る。
この創世記2~3章が書かれた紀元前10Cの頃は、ユダヤの人びとはバビロニア捕囚が終わって気力を失っていた時代。著者たちは、立ち上がる人間を支える神の姿を伝えようとしたのだ。
更にイエスの時代から400年は、人びとはローマに抵抗して、自立しようとの励ましをもって、この物語を読んだという。
蛇が「食べろ」などと一言も書かれていない。問題があったとすれば、神からの問いかけに、男も女も、責任逃れして偽ったことにある。
それでも神は着るものを備えて二人を送り出した。失敗してもなおサポートされる神である。この神の思いに応えて歩みたい。

<メッセージ全文>
 私は岡山県津山市で育ちました。USJなどない時代です。津山から県外に遊びに行くとしたら姫路でした。姫路で子どもが遊ぶところと言えば、今はセントラルパークですが、私の子どもの頃はドリームランドでした。忘れもしません。小学校4年生の時、夏休みに家族で遊びに行ったのです。

 色々遊んだ挙句に、夏休みの作文の宿題で、ドリームランドのお化け屋敷に入ったことを書いたのです。多分、「とても怖かったです」みたいなすごく平凡なことを書いたはずです。

 忘れもしないのは、お化け屋敷のことではなく、その作文のことなのです。それを読んだ母親から、「心臓が止まりました」と書き直しなさいと指示されたのです。正直、嫌でした。何故かと言うと、二学期の初めに発表会があって、作文を読まねばならなかったからです。結果ははなから見えていました。

 案の定、友人たちからはやされました。「お前、死んだんじゃろ?」「なんでじゃ。」「心臓が止まったって自分で言うたじゃろ。」子どもは容赦ありません。岡山弁でさんざっぱら、おちょくられました。

 ところが、後日その作文が優秀賞をもらうことになったのです。嫌々母の指示に従った訳です。自分の表現ではありません。他にも書き直しが何か所もあって、母が書いたようなものです。でも、私はこの経験を通して初めて、表現とはこういうものだということ、伝えたいことには手立て、技術があるのだということを学びました。

 さあ、今日は、創世記からアダムとエバの物語を読んでいただきました。ちょっと長くなって済みません。もしかしたらこの記事を読んだことがない人でも、何となくストーリーを知っている箇所です。つまり、神さまが食べてはいけないと命じられていたエデンの園の中央に生えている木、だいたいいつのまにかこれはリンゴの木ということになりました。蛇が女をそそのかしたので、つい女はそれを食べ、自分だけでなく男にも食べさせた。それを知った神さまが怒って、限られた人生を生きる者とした上で、エデンの園から追放した、ざっとこういう物語です。

 この筋書きが、予め私たちに刷り込みをしてしまいます。蛇はいかにも人をだます狡猾な生き物であり、その誘惑に最初に負けたのは女で、女は男よりも弱い存在であるという構図が生まれました。更に、この最初の人間が双方、神が禁じられたことを守ることができなかったということで、人間は当初から「弱さ」或いは「愚かさ」という原罪を抱く存在、という理解が生まれることにもなりました。

 何で食べたんやろ?その木以外のもので満足していたら、神さまの命令を聞いていたら、エデンの園で未来永劫何の苦労もなく、楽しく気楽に生きて行けたのに。蛇の奴。エバの奴。アダムの奴。と、それこそ呪いたくなるような物語である訳です。

 しかし、改めてこの箇所をよくよく読んでみると、つまり書いてある通りに受け取ると、蛇は神が造られた野の生き物のうちで、最も賢い生き物だった。そうとしか書かれていないのです。蛇が知っていたのは、園の中央に生えている木が、食べると善悪を知るものとなるということでした。実際、それを食べてしまった結果、善悪を知ったアダムとエバは、約束を破ったことを認識して、神さまが怖くなった。これが書かれているストーリーです。

 人間は、生まれながらに神さまからの命令を破る可能性を持っているとして、これを「原罪」と名付け、そのように教え広めたのは5世紀の教父アウグスティヌスでした。実はこの物語の初めからそういう思想があったのではありません。原罪と考えることが教会と国家にとって都合が良かったのです。弱い人間はだから教会と国家に従うべきだという訳です。

 でも、そもそも、創世記が旧約聖書の最初に位置されているのは後の人たちの編集の結果です。創世記そのものも、中身は編集だらけと言って過言ではありません。例えば、天地創造の1章は、紀元前6世紀に書かれたものです。2章は、紀元前10世紀に書かれています。つまり400年後に書かれたものが最初に配置されました。そして口伝承で語られていた3章に続けられます。

 聖書は、言うまでもなく科学書でもなければ歴史書でもありません。書いた人たち、編集した人たちの「これを伝えたい」という意図があって編まれた文書です。その時代の、様々な状況があって、独特の表現に満ちています。その時代の、様々な状況があって書かれた物語から、私たちは何とか真意をゆがめずに受け取りたいと思うのです。そうすると、思い込んでいた出来事の印象や人物像がガラッと変わって来ます。エバはその筆頭です。

 食べたら死んでしまう、と言われていた木の実がありました。最も賢い蛇が「食べても死なない」と言いました。それでエバが木を見ると、いかにもおいしそうに見えたとあります。エバの目が怪しく輝いている絵を描いた画家もいます。

 創世記2章には、確かに「善悪の知識の木から食べてはならない。食べると必ず死んでしまう。」との神さまからの強い戒めが記されています。でもそれを言われたのは男でした。その戒めの後で女が造られたのです。ということは、その戒めは男を通して女に伝えられたということになるんでしょうか?

 神さまの戒めは、確かに食べさせないないための、一種脅しのようなものでしたが、食べたら死ぬということは、生命的に死ぬということより、善悪の知識を知ってしまうことは、命をかけねばならないほどの、時にそれほどに大きな責任を負うことという意味合いがあったのではないかと想像するのです。子どものように何も知らずに好きに生きられたら、その方がよほど楽な訳で、死ぬほどの責任を負ってまで善悪の知識を知ることはないのだ、これが神さまの戒めの裏にあった思いではないかと思います。

 いずれにしても、私、いつも思うことですけど、一番最初にウニとかフグとか食べた人って凄いなって思うのです。何で食べたんやろ?やっぱり、おいしそうに見えたんでしょうか?何しても相当の勇気が伴うはずです。下手をすると食べて死んでしまうこともありますから。もしかして、男から戒めを伝えられたのなら、神さまからの直接的な戒めより重しが軽かったのかもしれません。加えて食べても死なないという蛇の言葉がいっそう後押しになったのでしょう。

 ですから、思い切って食べたエバは、誘惑に負けたというより、実に勇気があったと言えるのです。しかもそれをアダムにも渡した。きっと単純においしかったからです。彼女はおいしかったものを一人占めしませんでした。戒めを犯した仲間に引きずり込んだのではありません。互いに助け合う者として造られた者として、当然の分かち合いをしたのです。 そう考えるならエバは大変に大胆で、かつ心暖かいパートナーだったと言えるでしょう。

 キリスト教始まりのおよそ400年間、この物語はローマ帝国の権力に抵抗する根拠として、人間の主権や自由、自立、与えられた責任を覚える話として理解されていたそうです。ですからこの出来事をして人間に生まれながらの罪、「原罪」があると考えるなど論外の話でした。その頃の人たちがアウグスティヌスの解釈を聞いたなら、紀元前10世紀の著者や編集者たちはもちろん、肝心のイエスもびっくり仰天したことでしょう。「時代錯誤の誤読です。」-そう山口里子さんは述べています。

 蛇がエバをそそのかして「食べてみろ」と言ったなどと一言も書かれていません。それどころか、「食べても死なない」と言ったことは結果として全く事実でした。事実を伝えただけ。それなのに、呪われるものとなった、という神さまの言葉は酷かもしれません。とばっちりを受けたとしか言いようがなくて蛇は気の毒です。

 それよりも。何で食べたんやろ?の後の行動こそがこの物語の焦点だったのです。「おいしそうだったから!」とエバは正直に答えるべきでした。食べても死なないかもという直感が働いたのなら、そう答えても良かったでしょう。それなのに神さまからの問いかけに対して男は「女が与えたので食べた」と答え、女は「蛇が騙したので食べた」と答えました。それは明確に嘘です。ごまかしです。しかも神さまに対しての偽りです。もし私たち人間に罪があるとしたら、この、神さまに対する偽りであり、ごまかしにあるのでしょう。

 ただしついでに言うなら、二人がついごまかしたのは神さまの怒り方が烈しかったからと思えてなりません。食べたやろ!親の詰問に対して、食べたあとが口の周りにくっきりついていてごまかしようがないのに、恐れて「食べてないもん」と言い張る子どものようなものかもしれません。「もしかして食べちゃった?」とでも尋ねていたら、違う返事となったかも、と思ったりもします。

 大体、1章には「神は彼らを祝福して言われた。産めよ、増えよ、地に満ちて地を従わせよ」とあって、その彼らには男と女が含まれていました。だからエデンの園でずっと二人でいることは、もともと神の本意ではなかったのです。

 ともあれ、エバとアダムの偽りとごまかしを神は拒否された。言い換えれば責任逃れしたことを見逃さなった。それで男、女それぞれに生きるに限界を与え、また生きて行くための少しく厳しい課題を与えたのです。新たな責任を負わせました。そして園からの追放となりました。
これが一般に神からの「罰」ということになっています。しかし、ただ怒りに任せて罰を与えたのではありません。21節に「主なる神は、アダムと女に皮の衣を作って着せられた」とあります。ちゃんとエデンの園を出たあとのことを事前にサポートされたのです。失敗してなお、支えを与えられる神でした。そう受け取るなら、エデンの園からの追放は、罰というより「新しい出発、旅立ち」と言えるのかもしれません。

 初めにも言いましたように、天地創造の1章は紀元前6世紀頃書かれ、人間が作られた2章の記述は紀元前10世紀のダビデ王時代の新しい時代に書かれました。それから400年の後、紀元前6世紀、バビロニア捕囚が終わって、ユダヤの民たちが生活もボロボロ、気力も信仰も何もかも失って落胆していた頃に1章が書かれたのです。この時、続く3章も含めて編集がなされたのでした。人々がボロボロの時、何とかしたいという意図が働いて編集されたのです。つまづいても主体的に生きようという励まし。この意図を何としても汲みたいのです。
振り返って確かに、私たち人間には自分勝手なところがあって、自業自得の結果を招くことがあります。それに自分の行動が自分自身でも説明できない時もあります。何で食べたんやろ?そう言われても、自分でも分からないことも少なくありません。それでも、そんな器であっても自分で立って、限りある命の中で懸命に人生を耕しつつ生きることを神さまは認められ、そういう人生をよしとされ、あまつさえサポートして送り出して下さる。私たちの神はそのような神なのだ、と著者・編集者は伝えたかったに違いないのです。

 創世記1章を読むと、混沌の中で言葉をかけられること、暗闇を光で照らすこと、これが神さまの創造の第一だと教えらます。それに加えて、失敗してもサポートして自分で立って生きるよう送り出して下さる神さまだと3章から今日示されました。第二の創造と言えるでしょう。この思いに応えて感謝に生きる私たちでありたいと心から思うのです。

祈り:「神さま、私たちの人生はつまづきと失敗に満ちています。でもいつもあなたの励ましがあり、許しがあって、再び立つことができますことをありがとうございます。その自由に感謝します。あなたのサポートを喜んで受けて生きる者として下さい。」