緊急事態宣言がついに発令されました。これまでの状況に応じてその都度可能な限りの対策を取って来ましたが、4月12日の臨時役員会での協議を踏まえ改めて通知します。


まずこれからしばらくの間は、各自家庭礼拝を守って下さるようお願いします。既に礼拝出席を見合わせて来られた方々の決断を尊重しつつ、一段階気持ちを高く上げて、それぞれの場で、健康・命・安全を第一に祈りを合わせて下さい。
自治体からの休業要請に教会は含まれてはおりません。教会を頼りに来られる外部からの方々や、唯一の場として来られる可能性がある方々のために、教会の扉を閉めることはしません。普段より礼拝時間を短縮しますが、たとえ出席者がいなくても牧師は司会兼任で礼拝を進めます。これに関してはオンラインによる動画配信の準備を進めています。

また教会ホームページには週報と説教原稿を日曜に間に合うように掲載しますので、ご活用下さい。ご希望の方には週報を郵送します。その他、決定していることは以下のようになっています。

・うどん食堂、野の花の会、住吉家庭集会を8月まで休止。聖書に学び祈る会を ひとまず5月まで休止とします。聖餐式を当面取りやめます。CS(子どもの礼拝)もお休み中です。

・教会に来られた方の対応としては、受付に消毒液とマスクを用意しています。原則マスク着用です。

・礼拝堂に除菌剤を噴霧しています。

・礼拝堂入り口と右手前方および後方、3つの扉を常時開放して換気に努めています。

・椅子を減らして前後の間隔を広く取っています。また隣同士座らないよう左右の間隔も取っています。

・トイレのタオルを中止し、ペーパーを備えています。等々、今後とも可能な限りの対応をして行きます。

また4月19日の定期教会総会を5月24日に延期しました。書面決議の形で行います。
資料や書類等は5月に入ってから郵送を予定しています。(5月17~18日開催予定だった兵庫教区定期総会も延期となりました。時期は未定です。)
                         

役員会ならびに牧師 横山順一

  月定献金をお捧げ頂く方々 、ありがとうございます。礼拝に出席できなくても、どうか教会の運営、働きをお覚え下さい。今後どうなるか今のところ見通せません。礼拝ごとの席上献金も、教会維持のうえで大きなウエートを占めています。このことも是非、祈りに加えお支え下さいますようお願いします。様子を見ながら口座開設などを検討しますが、まずは一か月ごとなど各自で決めて郵送か、適当な時期に持参いただけると幸いです。
                              

財務委員会

  皆さまの健康が守られ、コロナ禍が一日も早く終息しますよう。休むことなく働いておられる医療関係者、介護職や学童保育関係の方々が守られますよう(東神戸教会にも、まさに当事者の友がいます)。またその間、ともども自粛が委縮とならないよう、希望を失わず日々を過ごせますようお祈りします。

                             2020年4月15日