5月21日、兵庫県に対する緊急事態宣言対象区域(特定警戒都道府県)の指定が解除されました。これまでも新型コロナウィルス感染拡大防止のため、状況に応じて可能な限りの対策を取って来ましたが、6月7日の定例役員会での協議を踏まえ改めてお知らせいたします。

 まず6月いっぱいは、各自家庭礼拝を守って下さるようお願いします。これまで同様それぞれの場で祈りを合わせて下さい。

 教会を頼りに来られる外部からの方々や、唯一の場として来られる可能性がある方々のために、これからも教会の扉を閉めることはしません。普段より礼拝時間を短縮し、牧師が司会兼任で礼拝を進めます。礼拝についてはオンラインによる動画を配信しています。教会のFacebookページからどなたもぜひご参加下さい。

 7月からは礼拝の当番制を再開し、基本的に教会で礼拝を守るようになりますが、それぞれのご事情によりすぐには教会には来られない方もいらっしゃることを想定しています。続けてオンラインによる礼拝の配信を予定していますので、ぜひご利用下さい。

 これまで同様、教会ホームページには礼拝プログラムと説教原稿を日曜に間に合うように掲載しますので、ご活用下さい。教会員でご希望の方には週報を郵送します。その他、決定していることは以下の通りです。

・うどん食堂、野の花の会、聖書に学び祈る会、住吉家庭集会は8月まで休止。CS(子どもの礼拝)もお休み中です。今後は地域の学校の状況に合わせていく予定です。


・教会に来られた方の対応としては、受付に消毒液とマスクを用意しています。原則マスク着用とさせていただきます。お忘れの際はご遠慮なく受付にてお申し付け下さい。

・礼拝堂に除菌剤を噴霧しています。

・換気を充分図り、座席の間隔を広げ、これからも3密にならないように配慮いたします。