■映画 『夜明け前のうた 消された沖縄の障害者』 上映会のお知らせ

10/15(土) 14:00~16:30 神戸市立東灘区文化センター大ホール(うはらホール)にて、映画『夜明け前のうた 消された沖縄の障害者』の上映会を開催します。
沖縄在住のジャーナリスト、原義和監督よる、沖縄の精神障害者がおかれていた「私宅監置」と いう問題をテーマとした、ドキュメンタリー作品です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

知られざる沖縄の犠牲 『一部の犠牲はやむを得ない』…これは日本国家の根幹にあり続けている考え方です。 戦後、 サンフランシスコ条約によって沖縄を日本から切り離したことは、その象徴と言えるかもしれま せん。その後の米軍基地の沖縄への集中も同じです。その考えは地域社会においても、日本の 隅々まで貫かれてきました。 私宅監置。1900年制定の法律に基づき精神障害者を小屋などに隔離した、かつての国家制 度です。精神障害者を犠牲にし、地域社会の安寧を保とうとしてきたのが日本です。1950年に 日本本土では禁止になったこの制度は、沖縄ではその後1972年まで残りました。やむを得な い犠牲として沖縄を見限った、日本国家の考えそのものと言えます。 隔離の犠牲者は人生を奪われ、尊厳を深く傷つけられましたが、公的な調査や検証は行われて いません。傷つけられた魂は天に昇ることができず、今もこの世を彷徨っていると思います。家族 の恥、地域の恥、ひいては日本の恥として闇に葬られてきた歴史です。本当に恥ずべきは、隠し続 けることではないでしょうか。 この映画は、小さくされ、犠牲を強いられたごく一部の人びとのことを、あえて見つめる映画 です。犠牲になってもやむを得ない命は無いからです。闇の歴史と向き合うことで、初めて開くこ とのできる光の地平があると信じます。

『 夜明け前のうた 消された沖縄の障害者 』公式サイト https://yoake-uta.com より

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

また今回は、本編上映後、原義和監督・吉田明彦氏(精神医療サバイバーズフロント関西 主 宰)・平良愛香氏(牧師、ウチナンチュ)による、トークセッションビデオを上映いたします。 ウチナンチュ・精神障害者「自己決定権を奪われた人たち」がおかれてきた歴史を振り返ると共 に、今も続く人権と差別の問題についてお話しいただきます。

「事実」という泥水から、「真実」という上澄みを掬(すく)い上げた映画です。 夜明けの光に包まれる日を信じます。見ないで信じることは幸いですが、観て心が打たれたら もっと幸いです。
是非、足をお運び下さい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■日時:2022年10月15日(土) 14:00~(13:30開場) 16:30終演 本編+トークセッションビデオ上映

場所:神戸市立東灘区文化センター(うはらホール)大ホール   
 神戸市東灘区住吉東町5丁目1-16(JR住吉駅徒歩3分)
 >>最寄りの駐車場案内はこちらです。

入場料:1,000円(18歳未満無料) 当日受付でお支払いください

申し込み:事前予約制 (定員に余裕があれば、当日参加も可能です)

申込先:https://forms.gle/K7jges9qsAjcAABs9

*座席は当日来場順にお入りいただく形となります。

お問合せ:higashikobe.church@gmail.com
■主催:『夜明け前のうた 消された沖縄の障害者』神戸上映会実行委員会・日本基督教団東神戸教会

■後援:兵庫県精神医療人権センター、精神医療サバイバーズフロント関西、恣意的拘禁を考える会、リメンバー 7.26 神戸アクション、公益財団法人神戸YWCA、部落解放同盟兵庫県連合会、自立生活センターリングリング、公益社団法人兵庫県精神福祉家族会連合会、社会福祉法人 かがやき神戸、公益財団法人 神戸学生青年センター、障害者問題を考える兵庫県連絡会議、(社)神戸国際支縁機構、神戸国際キリスト教会、日本基督教団西宮門戸教会、脳性まひ者の生活と健康を考える会

★この映画は UDCast対応です(スマホやタブレットで解説音声や解説字幕を利用することができます)。

事前に UDCast のアプリをダウンロードしておくと、映画の音声に反応して起動し、解説音声を聞いたり、解説字幕をスマホ等で見たりしながら、映画をご覧いただけます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【プロフィール】

原 義和(はら よしかず)監督 (ジャーナリスト/映画監督)

 1969年愛知県名古屋市生まれ。2005年より沖縄を生活拠点にドキュメンタリー番組の企画制作を行う。東日本大震災の後は福島にも通って取材し、Eテレ「福島をずっと見ているTV」などにディレクターとして参加。

 主な制作番組は「戦場のうた~元“慰安婦”の胸痛む現実と歴史」(2013年琉球放送/2014年日本民間放送連盟賞テレビ報道番組最優秀賞)、「インドネシアの戦時性暴力」(2015 年7月TBS報道特集・第53回ギャラクシー賞奨励賞)、「Born Again~画家 正子・R・サマーズの人生」(2016年琉球放送/第54回ギャラクシー賞優秀賞)、「消された精神障害者」(2018年Eテレ ハートネットTV/貧困ジャーナリズム賞2018)など。

 著書に「消された精神障害者」(高文研)、編書に「画家 正子・R・サマーズの生涯」(高文研)。

吉田 明彦(よしだ あきひこ)氏 (精神医療サバイバーズフロント関西 主宰)

 1961年、北海道函館市生まれ。国際協力NGO・国内NPO職員を歴任。1998年、双極性障害発症。自立生活センターのピアカウンセリングを経て障害当事者として活動開始。2022年2月まで兵庫県精神医療人権センター共同代表代行。現在、精神医療サバイバーズフロント関西主宰。リメンバー 7.26 神戸アクション呼びかけ人。

平良 愛香(たいら あいか)氏 (牧師)

 1968年沖縄生まれ。農村伝道神学校を卒業後、日本で初めて、同性愛者であることをカミングアウトした上で牧師となる。桜美林大学・立教大学にて長年非常勤講師を務め、現在、日本基督教団川和教会牧師(神奈川県横浜市)、農村伝道神学校校長、平和を実現するキリスト者ネット事務局代表ほか。

最近の著書(監修)は「LGBTとキリスト教 20人のストーリー」(2022年日本基督教団出版局)。

原義和監督

吉田明彦氏

平良愛香氏