こんにちは。
今年のイースターに娘と一緒に洗礼を受けました、大石智美です。

人前で話をしたりするのは本当に苦手ですし、初めてでとても緊張しています。

今日は洗礼式に出席出来なかった姉が来ています。

はじめに教会との出会いと、洗礼を受けるきっかけについてお話ししたいと思います。

初めて教会に行ったのは、小学生の時でした。姉が大阪女学院に入学して、一緒に大阪の住吉教会に行くようになりました。
母も祖父もクリスチャンですので、とても自然な事でした。
毎週日曜日、礼拝に参加して、その後のランチと色々なイベントのお手伝いや、行事にとても楽しく参加した事をよく覚えています。

姉と一緒に洗礼を受ける予定でしたが、理由は覚えていませんが、結局姉だけが受けました。

子供の頃、私はすごいおじいちゃん子でした。
忙しい両親のかわりをしてくれていた、やさしい祖父が大好きで、学校から帰るとすぐに、祖父の部屋に行き、ランドセルを置いて、いっしょに水戸黄門のお決まりのセリフを真似して、エンディングを歌っていました。
そのあと、学校であった楽しい事や、悩みを、相談するのが毎日の日課で、週末の教会の様子もよく話していました。

祖父は牧師になりたかったのですが、実家の家業を継ぐ為に諦めたと話していたのを、うっすら記憶しています。
そして、色々な話しをする中で祖父がよく口にしていたのは『寛容』と言う言葉です。
寛容の心を持つようにと機会あるごとに、話してくれました。
その当時の私は幼くて理解していても、行動する事はとても難しい事でした。
今、思うと、聖書の中での話を、わかりやすく話してくれていたのだと思います。

(わたしの、心に残る聖書の箇所は「愛は寛容であり、愛は親切です。また人をねたみません。
愛は自慢せず、高慢になりません。
礼儀に反することをせず、自分の利益を求めず、 怒らず、人のした悪を思わず、不正を喜ばずに真理を喜びます。
すべてをがまんし、すべてを信じ、すべてを期待し、すべてを耐え忍びます。
(コリントI 13章4節~7節)」です。)

祖父から、毎日のように教えてもらっていたことが全て、詰まっている箇所なので、私の今の考え方や、何かを選択をする上で、指針となっています。

引っ越しをきっかけに教会から足が遠のきましたが、この言葉は、何かある度に思い浮かび、色々な場面で、大好きな祖父との思い出と一緒に、ささえになっていました。

大好きな祖父も他界し、
気づけば数十年がたち、娘に恵まれ、ご縁あり、大阪女学院に通う事になり、教会に行くようになりました。
娘に『洗礼を一緒に受けない?』と言われた時は、とても驚きましたが、これはきっと、私にとって、このタイミングが、神様からのお導きなんだと思いました。
決して熱心に教会に通い続けた訳でもなく、聖書を理解しているわけでもないので、正直迷いました。
どこかで、大好きだった祖父、姉達の様に、神様に、見守られたいという思いもずっとありました。
子供の頃にとても影響を受けた、祖父の優しさや強さ、色々な言葉が、この事をきっかけに、思い出されました。
娘と一緒に洗礼をうける事は、そとても嬉しかったですし、幸せな気持ちになりました。
そして洗礼をきっかけに、また教会に通うことになり、お話の中で心に響く言葉が多くありました。
これから先の人生で、立ち止まらなくてはならない時に、神様からのお導きを受けたいと思います。

そして私の生い立ちですが、
大阪で生まれ、その後何度か転勤を繰り返しました。
学生時代は大阪そして、神戸での生活でした。
沢山の試練がありました。
大学受験の歳に突然片目の視野が欠け、重い頭痛で壁などに身体をぶつけるようになり、数ヶ月間学校に行けなくなりました。
東京の看護大学にすすみたかった私は、突然夢をあきらめなくてはいけませんでした。
検査の結果脳に腫瘍が見つかりましたが、幸い良性でした。
しかし、目の前の目標や希望を失い、とても落ち込みました。
そんな時も祖父が『きっと意味があるし、理由があるから心配しなくていいよ、神様のお導きなんだから。』と言ってくれました。

そして進路変更をして、両親のすすめで短期大学に通いました。
思い描いていた大学生活とは全く違いましたが、本当に楽しい大学生活でした。
何よりここで、主人と出会ったので、これもお導きかなぁ〜っと…今では思います。

短大を卒業して、1年半オランダと、スコットランドに留学しました。
色々な価値観に出会い、貴重な経験でした。
そのあとは神戸で3年弱勤め、結婚後もそのまま神戸に住み、今はケーブルカーの駅の近くに住んでいます。
かなり山の方なので、今は慣れましだが、庭のイチジクの木には何匹ものアライグマがぶら下がり、前の公園にはイノシシ、今まで見たことのないたくさんの長い足がはえてる虫と…楽しく共存生活をしています。

家族は4人です。
長男は東京の大学に通っています。
長女は皆さんもご存知のように大阪女学院に通っています。
主人は、永遠の大学生と子供達に言われているぐらい、とにかく楽しい事が好きで、面白く、マイペースでよく笑い、とにかく明るい人です。

歩いて1分の所に主人の両親が住んおり、最寄りの駅のすぐそばに、私の両親も住んでいます。
4人の手助けをしたり、自由奔放な4人に振り回させる日々です😊
これが私の近況です。

東神戸教会と出会い本当に感謝しております。
親子共々これからも、よろしくお願いいたします。

お祈りします。

天の神様
今日はこのような機会を与えて下さりありがとうございました。
平穏に毎日を過ごせる事を感謝いたします。

このお祈りをイエスキリストの御名によって、御前にお捧げいたします。
アーメン